ココブロとのつきあい方。

2019年12月15日

ウェーイ

ココロをつくるブログって、いったい何のブログなんだろう?
・ちょっとブログ主に連絡取りたいんだけど、何て言おうかな?

そんな疑問をもってくださった方のための、補足の記事がこちらです。

今回は、ココブロとの付き合い方について話してみました。

スポンサーリンク

このブログは"自助"のためのブログです

当サイトで提供している内容は、すべて自分で取り組み、実践して答えを出していくためのものです。

どれが自分にとって有益なのか、何に価値があるのか?どう捉えるべきなのか?それはぜひご自身で判断してみてください。

 

一人一人はあまりにも多様であり、自己に対する自覚の度合いも深浅あり、一様ではありません。世のどんな偉人にもすべての人間を導くことはできないでしょう。

仏教の阿修羅には顔が3つ・腕が6つあります。千手観音には手が1000本もあるそうですが、それでも人類はまだ救われていません。

まして管理人の谷本オルメ(私)には顔が1つと腕が2つしかついていませんし、とくに偉人でもありません。

ですから、私が提供できるのは、みなさまの自助のお役に立てることだけです。ぜひ、自分で自分を助けてください。あなたに一番関心を持っていて、あなたに一番近いのはあなた自身なのですから。

スポンサーリンク

対等な立場で、仲間になっていただけたら素敵です

みなさんにはそれぞれの人生経験があり、それぞれ自負するところがあります。だからこそ、経験を通して知ったことや学んだことを互いに交換し、有益な情報交換ができればと考えています。

私は一方的にみなさんに"人生の答え"や"解決法"などという偉そうなものを差し出せるほどの人生を生きてきたわけではありません。

ですが、ニューソートや引き寄せの法則の中には、数多くの提唱者が残したキラリと光る一片をたくさん見つけることができるでしょう。その知識を共有することで、一つの同じプラットフォームに立ち、同じ言葉を交わせるようになる――それは本当に素敵なビジョンです。

それを実現するための方法は1つしかありません。

“自分自身で"、"心というものを観察し"、"実践し成果を得ること"。

みなさんがもし、当ブログで知識を得て実践をされたのであれば、ぜひその結果を教えてください。

お互いにあれこれと試し、どうやれば問題解決ができ、自分の理想を達成できるか考えていきましょう。私も悩んだら、皆さんに人生相談するかもしれません。(優しくしてください)

そういう対等な立場で進めていくことが、自己啓発では本質的に不可欠なのです。

誰かが誰かを教え導くのではなく、真実をめぐって一つのイスを争うのではなく、それぞれの事実を尊重しあいながら成長を目指していくことこそ素晴らしい結果につながるに違いありません。

連絡を取りたいなと思ったら……

お気軽にお問い合わせください。可能な範囲でお答えさせていただきます。

“私"の主は"私"。それがココロをつくるブログなのです。

“私"の主は"私"。これには3つの意味があります(今考えました)。

・私たちは誰にも指図されず、自分自身の意志に基づき、自由に人生を歩みます。(自由と責任)
・過去に縛られず、未来に囚われず、感情に惑わされず、自己を寄る辺とします。(自律と信頼)
・ココブロはそれに貢献するために、独自の方針に従って成長を続けていきます。(独自性)

なんか社訓みたいですね。なんとなく伝わればいいなと思います。

ちなみにコンセプトは、「幸福や成功に関する知識や情報を共有し、それぞれの理想を目指していくこと」。

ぜひ、当ブログで紹介している知識を活用してご自身の人生を充実させてください。

私も独自の情報を発信していますが、多くは先人たちの知識の借りもの。その知識の有益であることは、時代を超えて語り継がれているという結果と、みなさんのこれからの経験が証明してくれることでしょう。

それを集約し、誰でもいつでも参照できる「知と実践のライブラリ」をとにかく目指しています。この恥ずかしい(意識高い風な)サブタイトルを、頬を赤らめながら提示し続けているのは、それが本心だからです。

話が長くなったので、これくらいにしておきましょう。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

私たちを導く、素晴らしい出会いがありますように。

 

sign-tori

スポンサーリンク