引き寄せの法則でも知られるロバート・コリアーってどんな人?【著者紹介】

2019年6月22日

ロバート・コリアー

今回は、米国のコピーライター兼引き寄せ提唱者でもあるロバート・コリアー(1885-1950)がどんな人物であったかを紹介します。

彼のコピーライティング本は現代にも読み継がれるロングセラー本ですが、一方で思いの力があれば願望実現できると考え、ニューソートに関しての本も多数執筆しているため、引き寄せ関係の本も知られています。

 

今回は、このロバート・コリアーがどのような人であったのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

聖職者の道を捨て、成功を求めてNYへ

ロバート・コリアーは、1885年米国・セントルイス生まれ。

母は早くに亡くなり、父は雑誌の海外特派員として忙しい人でした。コリアーは神学校での教育を受け、聖職者の道を期待されていましたが、成功を求めてまずはウェスト・バージニアに向かいます。

始めは鉱山の採掘師としての職に就きました。彼は読書家であったため、オフィスにあった本を多読し、彼のライターとしての基礎をここで培っていきます。読んだ本の中には商業通信の応用編や、広告に関する書籍が含まれていたようです。

ウェスト・バージニアで8年経ち、さらに彼はニューヨークへ赴きます。

そこで叔父が経営するP.F コリアー出版社の広告部門で働き始めました。ブルース・バードンなどプロの指導によって、セールスコピーに関する見識やスキルを磨くことができたため、彼の制作したチラシやセールスコピーは大きな売り上げをもたらします。

取り組んだ仕事の中で著名なものは、ハーバード大学の学長・エリオット博士による文学アンソロジー「ハーバード・クラシクス」(別名:エリオット博士の5フィートの本棚)、小説家・オーヘンリーの作品の広告などを引き受けていました。さらに世界大戦に関する歴史関連の書籍については、7万もの仕事を引き受けていたそうです。

スポンサーリンク

健康を損なって、マインドパワーを確信

時期がはっきりしませんが、彼は診断不能な病にかかってしまったことがありました。

そのときはクリスチャン・サイエンス(ニューソート系のキリスト教)を通して治癒を得たことで一つの転機を得ます。

医師が時間をかけても治せなかったものを、心の力によって即座に回復できたことで彼はすっかり魅了されてしまいます。そして、病気が治るのであればビジネス上の問題や、経済的困窮、それ以外のことについても応用できるのではないかと考えました。

コリアーは疑問に答えを出すため、長い時間をかけて、ニューソート哲学・オカルト・成功などに関するあらゆる研究に情熱を捧げました。

そして、彼は“The Secret of the ages"(邦題:望むものを引き寄せる心と宇宙の法則)を書き上げて出版すると、100万ドル分の注文を取り、30万部を売り上げることができたそうです。それから生涯にわたって、彼は数多くのニューソート関連の本を執筆し続けました。

体を壊したり、健康を損なってからマインドのパワーに興味を持ち始めた人は多いです。ニューソートを提唱したフィニアス・クインビー、20世紀初頭に引き寄せの法則の本を書いたウィリアム・ウォーカー・アトキンソンもそうでしたね。

コリアーの願いの叶え方

願望実現についてのコリアーはどんな考え方をする人だったのでしょうか?今回は、彼の代表的著作・The Secret of the agesの邦訳書『望むものをひきよせる心と宇宙の法則』(サンマーク出版)の内容を見ていきましょう。

コリアーは、マインドを意識・潜在意識・超意識に分けて考える、構造論を提案します。意識によって明らかになった願望が、イメージを通して潜在意識に届くことで、願望実現が起きると考えました。

まず願望を持ち、理想を思い描き、それを欲求として感じ、さらに意志を加えていく。そうすることで野心を持つことができると言います。また、夢の実現や自分自身への信頼を寄せることもまた、必要な条件に数えています。

望みが多すぎると叶えられないから、望みをたった1つに絞ったほうが良いと考えるのもコリアーのスタイル。とにかくすべての欲求を書き出し、そのうちの弱いものを切り捨て、徹底的に吟味し、最後に残ったものを願望実現の対象にしていこう、というスタンスです。

何かの代償を支払ってでも手に入れたいものを選び取っていく。そんなシビアな考え方が引き寄せとは違って面白いポイントですね。

【関連記事】

まとめ

ロバート・コリアーはニューソートを代表する思想家の1人と言っていいでしょう。

努力によってコピーライターとしての地位を確固とし、情熱的に取り組んだニューソートの研究は多くの書籍として結実しました。

心についての細かな分析とコントロールへの意欲には見るべきモノがたくさんあります。リアライゼーションについて学びたい方には彼の本は必見です!

参考文献・URL

ロバート・コリアー(2005)『望むものをひきよせる心と宇宙の法則』(中島薫監訳)サンマーク出版.

A Biography of Robert Collier.

“ロバート・コリアー." サンマーク出版

 

スポンサーリンク