【もうそろそろまとめない?】受け入れる・受容する・手放す・解放する・許す・浄化する・ブロックの解除などの意味をすべて定義する。

2020年11月16日

このページではタイトル通り、受け入れる・受容する・手放す・解放する・許す・浄化する・ブロックの解除などの意味の定義を行います。

ココブロは自己啓発ブログであり、多数の出典・根拠をもとに情報を発信していますが、受け入れるとか手放すとか浄化するとか、似たり寄ったりの意味のあいまいな言葉が多すぎるんじゃないだろうか、とちょっと怒っています(ちょっとだけです)。

それらは基本的にすべて同じ意味であるということを確認しつつ、実践的に意味を定義してみたいと思います!

瞑想 実践 オルメ
『ココロをつくるブログ』をご覧いただきありがとうございます。 当ブログでは情報の出典を示すことに力を入れていますが、自己啓発の範囲は広大なのですべてを網羅できません。参考になる情報を提供できればと思いますので、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

受け入れる・手放す・浄化・許しなどはすべて同じ意味

これらの概念のざっくりした意味は、

自分の内面にあるネガティブな思い、抵抗、執着、苦しさを取り除くこと。

です。なぜそうするかと言えば単にネガティブな思いから解放されたいから、ということに加えて「心のありようが現実に影響する」と考えるから。

ですがネガティブな思い・苦しみ・抵抗があると心も現実も思うように動かせません。

そこで登場するのが受け入れる・受容する・手放す・解放する・許す・浄化する・ブロックの解除と言った言葉です。

まずは当ブログで紹介している提唱者とその表現を一気に並べてみたいと思います。

提唱者ジャンル表現参考ページ
ジョー・ビタリースピリチュアルクリア『ザ・キー』
バグワン・ラジニーシ宗教・瞑想気づき
変容
『瞑想とネガティブ感情』
ヘイル・ドゥオスキン自己啓発解放
(手放し)
セドナ・メソッド
イハレアカラ・ヒューレンスピリチュアル浄化ホ・オポノポノ
エックハルト・トール瞑想受け入れる
気づき
『ニュー・アース』
ティク・ナット・ハン宗教・瞑想気づき『ブッダの気づきの瞑想』
ジョン・カバットジン科学・瞑想受け入れる
手放し
気づき
『マインドフルネスストレス低減法』
宝彩有菜瞑想浄化『楽しもう。瞑想』
城ノ石ゆかり心理学気づき
許し
直面化
『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』

心理学・科学・瞑想・宗教・スピリチュアルなどの幅広い分野で多様な表現が使われていることがわかりますね。

具体的なメソッドを全体的に俯瞰すると「感情や思いは、気づくことで(自動的に)消える」と考える人たちが多く、心理学・スピリチュアル・宗教などのジャンルを超えて支持されている点でそれが本質であるとわかります。

スポンサーリンク

受け入れる・手放す・浄化・許し…を実践的に定義する

この記事の着地点である実践的な定義を行って終わりましょう。

受け入れる・受容する・手放す・解放する・許す・浄化する・ブロックの解除などは、世界観や手法にある程度の際があっても、基本的には以下のように定義できると考えます。

受け入れる(手放す・浄化する…etc)とは、気づくことである。
意識
の光を当てることである。

ココブロでの『受け入れる』の定義

私たちは受け入れがたい体験をしたときその思いを感じないようにしたり、別の考えで誤魔化し、それを自ら信じてしまうことがあります。

子どものころはとくに対処の仕方がわからず、心の奥に芽生えた思考と感情を封印しがちでしょう。

その封印は心のゆがみ・望まない現実・心や体の症状となって表れやがて苦しむことになります。それを解放するためには、思考の歪みに気付いたり、過去の体験や感情に意識の光を当てる(≒思い出す)ことが大切になります。

たったそれだけのことで苦しみや人生で繰り返される問題が解決されるの?と思うかもしれません。ですが自分の現実は驚くほど自分のマインドに依存しています。そうして、その根っこがはっきりするだけで自動的に心身や現実の問題が解消していくのです。

(これは体験することによって納得するしかありません。ですがこの記事の読者の方であれば、多くの場合は納得してくださるような気がします)

受け入れる・受容する・手放す・解放する・許す・浄化する・ブロックの解除の意味をさらにかみ砕き、

  • 自分が抱え込んでいる感情に気づくこと、またその存在を認めること
  • 自分の本当の気持ちを探り当てて見つけてあげること

と表現することもできます。これが当ブログなりの結論です。

これについては以下のような記事も書きました。参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は受け入れるなどの意味をまとめて定義しました。

自己啓発には提唱者ごとに世界観や方法があるのでそれをひとくくりにするのは少し乱暴かもしれません。

でも提唱者たちの方法はあまりにも数が多すぎ、私たちは振り回されてしまいがちです。

自分がどうすれば望む通りの人生を生きられるのか?快適に生きていけるのか?たったそれだけの答えに、なかなかたどり着くことができません。

今回はその問題提起と解決の一助にと思い、記事にしました。

またココブロでは手放しという言葉をよく使っていますが、意味はここで解説したものと全く同じものです。

もし興味があれば、記事がたくさんありますので探して見てくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク