ニューソート, ロバート・コリアー

この記事は書籍 ロバート・コリアー『望むものをひきよせる心と宇宙の法則』(サンマーク出版)の内容を簡単にまとめた記事です。 本の概要を知りたい方にオススメ。 2000字~3000字程度にまとめてます。 どんな本なの? ・米国のコピーライター ...

ジェームズ・アレン, ニューソート

原因と結果の法則シリーズ第二弾・『幸福への道』。 1907年のジェームズ・アレンによる著作で『利己心や身勝手さを捨て、正しい心で善や幸福と調和して生きよう!』という内容です。 第一弾のときよりもずっと優しくて、温かく励ましてくれるのが本書の ...

ニューソート, ノーマン・V・ピール

古典的成功哲学の名著に数えられる『積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)。 キリスト教牧師であったノーマン・V・ピールが著し、ポジティブ・シンキングという言葉を世界中に広める契機となった本です。 自分の健康・幸福・成功を信じて素晴らしい人生を ...

エイブラハム(ヒックス), ジョセフ・マーフィー, ニューソート, 奥平亜美衣, 引き寄せの法則, 関連トピック

マインド中心に願いを叶える方法として有名なアファメーション。「もう実現している」「すでに持っている」といった断定的な言葉を繰り返すことで望みを叶えるアプローチですね。 でもアファメーションをやるたびに違和感を感じたり、無理なんじゃないかとい ...

ニューソート, 関連トピック

結局アムウェイで、幸せになれるの?なれないの? マルチ商法をやってる知人に押し売りされた!変な人に会わされて人生諭された!そんな経験はありませんか?親戚がマルチをやり始めてトラブルが増えて困ったことになった、なんてのも聞く話。 このマルチ商 ...

ジェームズ・アレン, ニューソート

『原因と結果の法則』で知られるイギリスの作家、ジェームズ・アレン(1864-1912)。 自分の内面が環境に現れるのだと説き、人生をコントロールするために心の状態を変えていこうと提案した、ニューソートの先駆者です。 その名著は世界中で親しま ...

ウィリアム・W・アトキンソン, ニューソート

ウィリアム・ウォーカー・アトキンソン(1862-1932)は、引き寄せの法則を1900年に提唱したニューソート作家。 エイブラハムやロンダ・バーンに先駆け「思考は磁力のような性質を持つ」と提唱し、多くの著作を発表。セロン・Q・デュモンやヨギ ...

ニューソート, 人気著作(その他)

この記事では、チャールズ・ハーネルの「ザ・マスター・キー」の内容を詳しくご紹介してきます! 1912年にチャールズ・ハーネル氏が著した願望実現の方法を説いた本で、刊行されてから全米に瞬く間に知れ渡るも、思想的に合わないということで教会から発 ...

ニューソート, ネヴィル・ゴダード

引き寄せの法則の流行によって、世界的に再評価されたネヴィル・ゴダード(1905-1972)。 日本でもヒカルランドから『想定の『超』法則』や『もう君はそこにいる!』などが出版されていて読んだことがある人もいるかもしれませんね。 今回はこのネ ...

ジェームズ・アレン, ニューソート

1903年に出版された『原因と結果の法則』は成功哲学の祖・ジェームズ・アレン(1864-1912)による著作。 "思いの力"によって人生を切り開けることを説き、多くの人々を勇気づけてきました。 ナイチンゲール、デール・カーネギー、稲盛和夫の ...