【引き寄せの法則】願望を手放すって?意味と理由を詳しく解説!

願望の手放し

この記事では願望の手放しについてご説明します。

引き寄せの法則のようなスピ系の自己啓発では心の中に思い描いた願望を最後にはすっかり忘れてしまうという方法を「願望の手放し」と呼んでいます。

どうして願望の手放しが必要なのか、どのような効果があるのかについて今回は根拠や参考文献を示しながら、具体的にお話ししていきましょう!

――多くの場合において、正しい答えは欲しいものについてポジティブなことを考える努力をすることではないということです。大切なのは、お願いし、信じ、手放す能力です。

ロンダ・バーン(2017)『ザ・シークレット 人生を変えた人たち』 p.33  アンビカ N.からのメッセージ

スポンサーリンク

なんで願望を手放すの?(理由)

願い 引き寄せ

毎日のように願い事について考え続けるのではなく、願いを叶えたければ一旦忘れてしまうことが大切と言われますが、

それはどうしてなのでしょう?

願いを手放すのは不安や執着を生まないため

結論から言えば、願望を手放す主な理由は「不安や執着を生まないようにするため」だと考えられています。

願いを叶えたい人はイメージングやアファメーションを熱心に毎日一生懸命やります。しかしそのことを覚えていて「いつ叶うんだろう」「どうやって叶うんだろう」という、結果を焦る気持ちや不安もいっしょに生まれがち。

そういった負の感情にうまく対処できないと「やっぱり無理なのでは…」という考えが生まれ、願った気持ちも損なわれてしまいます。

これについて、3人の引き寄せ(現実化)の提唱者の考え方を具体的に見ていきましょう。

奥平亜美衣さんの話

引き寄せブロガー・作家として知られる奥平亜美衣さん。彼女はブログで手放しについて次のように述べています。

忘れた方がいいと言われるのは、
願いについてあれこれ考えると、
それが大事な望みであればあるほど
大きな無理そうな願いであればあるほど
「やっぱり無理そうだからいいや」
「現実は全然違う、やっぱりだめなんだ。もういいや・・・」
とキャンセルしがちなことがあるため。

 “願いを手放す?" 奥平亜美衣オフィシャルブログ『人生は思い通り』.2017/9/1

いったん望んだことはそれ以上考えず、不安から遠ざけてしまうというのが考え方ですね。

ジョセフ・マーフィーの話

眠りながら成功する』などで有名な牧師、ジョセフ・マーフィーも手放しに似たようなことに言及していました。

――あなたが自分の願い事をほんとうに任せてしまったかどうかは、あなた自身の感じ方でお分かりになります。

すなわち、あなたが、どのようにしてとか、いつとか、どこでとか、どのような方面からとか、そういったことをいらいら考えたり、不安がったり心配していれば、あなたは自分の潜在意識の知恵をほんとうに信頼していないことになります。

『眠りながら巨富を得る』(大島淳一訳)p.24

マーフィーは私の知る限りでは手放しについて事細かに解説していませんが、他の著書でも願ったことを"任せる"・"解き放す”といった表現でその大切さを説くことがあります。

vita-liberta.comさんの記事

他のブロガーさんの記事にも注目してみましょう。

『手放す・執着しない』を端的に言うと『絶対に叶えなければならない!』と熱中しすぎないことを言います。

一生懸命頑張ったのに成果が出ず、逆に努力しなくても願いが叶った経験はありませんか?

これは頑張った(=執着しすぎ)けど成果が出ない、しかし頑張らない(=手放す)と願いが実現することを表しています。

“『手放す・執着しない』とは?【引き寄せで重要な潜在意識のスキル】” vita-liberta.com

3行で端的に表現されていてわかりやすいですね。私たちは願い事が真剣であればあるほど、その結果に対して執着しがちになります。結果的に、願ったこと自体を否定してしまうことに。

英語の諺にはA watched pod never boils.(見ているかぎりヤカンは沸かない)という言葉があります。湧くのをただ待ちぼうけているよりと、いつまでたっても沸かないような気がして、不安や不信感をむやみに募らせてしまうばかり。

価値あるものに、楽しいものに意識を向けて時間を過ごすことが何事も結果を出すための最良の方法なのだとすれば、この諺もなんだか願望実現に通じるものがあるような気がしてきますね。

さて、手放しについては以上のように不安や執着をもたないために忘れてしまおう、というのがざっと調べた限りでは多数派でした。

では最後に、当ブログ(ココブロ)でも願望の手放しについて定義して終わりたいと思います。

スポンサーリンク

ココブロでの願望の手放しの定義

プロフィール

願いが叶ったかどうかについて、『確かめる』のをやめること。

ココブロによる願望の手放しの定義

当ブログでもやはり、不安や執着を持たないようにするため、というところは同じ。

ですが、願望をすっかり忘れてしまう必要まではないのでは?と提案します。それはすでに叶ったと信じ、感じることだけにとどめ『本当に願いが叶ったのかな?』と、確かめることをやめればよいのです。さきほど言いましたが、

A watched pod never boils.(見ているかぎりヤカンは沸かない)

願望が叶っていると確信して、その様子を心の目で眺めます。実現していることに関する喜びや感謝を口にします。これらは願望実現のための手段ではなくて、ただの日常習慣です。朝に歯を磨くとか、コーヒーを飲むときはミルクを入れるとか、ゆで卵は半熟にするとか、そういうことです。

私たちは、きれいに歯を磨けたからといって財布の中身を確認したりしません。素晴らしい半熟卵ができたからといって、郵便受けを確認したりしません。歯磨きもゆで卵もまったくそれ自体のためのものです。願望実現とは関係ありませんよね。

願望世界に想い馳せるのもそれと同じであり、私の精神習慣の一部であり、わざわざやめなくてよい。私は"ヤカンを沸かし続ける"。その行為が好きだから。楽しくて素晴らしい願望(の叶った世界)を眺め、愛で、口にするのが私だから。

……このように手放しを捉えてみるのはどう?というのが、ココブロからの提案なのです。

この記事はここまで!(まとめ)

“思う"と"叶う"はいつもセット。

でも叶うかどうかばかりに注目して願うことに必死になるとだんだん不安が膨らんでいきます。それを防ぐための「手放し」でした。本当に叶えたい願いは風船みたいにしっかり膨らませ、あとは運命の風に委ねたら、いつもの生活を楽しむことにしましょう!

この記事には後編がありまして、「願望の手放しに方法ってあるの?」という内容を解説しましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

(※ちなみに「手放し」にはネガティブ感情を手放すという意味もあります。以下で詳しく紹介しています)

参考文献・URL

ロンダ・バーン(2017)『ザ・シークレット 人生を変えた人たち』(山川紘矢訳 ほか)角川書店.

“願いを手放す?" 奥平亜美衣オフィシャルブログ『人生は思い通り』.2017/9/1
https://ameblo.jp/everything-is-all-right/entry-12306693648.html

ジョセフ・マーフィー(1973)『眠りながら巨富を得る:マーフィーの成功法則 実践編』(大島淳一訳)産業能率短期大学出版部.

“『手放す・執着しない』とは?【引き寄せで重要な潜在意識のスキル】” vita-liberta.com

スポンサーリンク