【DVD紹介】エイブラハムとの対話(後編)の内容をもっと詳しく!

2019年3月3日

エイブラハムの教え

この記事ではDVD版『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』の2巻の内容をご紹介していきます!

参加者との対話がさらに続いていきますが、今回もまた4人の相談者をピックアップしてみましょう。今回はもう少し相談者の背景も掘り下げながら、取り上げていきます。もしDVDがあれば、ぜひ映像を見ながらこちらのまとめもチェックしてみてください。内容理解が少しでも深まれば幸いです。

前編の記事はこちら↓↓

スポンサーリンク

DVD後編:内容の続き!

エスター・ヒックス

子育てに悩む中年の女性

  • 問題だらけの19歳の娘にいつ口を出すべきか、いつ見守るべきか?そんなことに気を巡らせているのが今の生活の大半です。

「それなら、首を突っ込まなければ?」と端的に言ってさっそく会場を沸かせます。

相談の経緯としては、女性とそのご主人は、飲酒やドラッグなどに手を出す娘に困り、家から追い出して娘に独り暮らしをさせて突き放しました。一方で、自分が娘を正しく導かなければならないという思いから、母親であるこの女性は週に何度か顔を合わせるたびに口うるさく接してしまい、このような悩みを抱いているということです。

この女性は母親として切実に娘の幸福を願っていて、エイブラハムと話しているときも涙を流していました。しかし、エイブラハムは、自分が自由になれるほどにルールを破った(家族を困らせた)その娘を称賛するというのです。

ここで学べることは、親子や恋人、親友のようにとても近い関係にありながら、問題のある相手とどのように付き合うのかということ。問題だらけの娘を追い出したり、過度に干渉してみたり、混乱した接した方をすることも少なくありませんが、これは私たちが問題に焦点を合わせてしまっているため。

突き放したり、つなぎ留めたりして相手を困らせるのではなく、相手のことを信じ、望ましい姿を実現してくれることを望むことで、二人の関係が改善していきます。

みじめなところにいる人に、良いことが起こることを期待することで、自分も幸せを感じられるのです。

人が自分を測るべき指標は、自分の願望なのです。

相手をコントロールするのではなく、そのうちに信ずる足るガイダンスを内に宿している娘自身に任せればいい。娘の中にある望ましい"しるし"を探すようにすること。母たる相談者に、エイブラハムはそのように勧めています。

願望実現までの時間が気になる女性

  • 波動の預託口座の何億ドルという預金があることを考えると幸せだが、時間が自分の味方についてくれるか知りたい。

この女性は、画面越しにもキラキラ感が伝わってくる幸福いっぱいな感じの女性。何億ドルものお金を持つことが願望で、ふだんから幸福な気分で時間を過ごすことができている人です。しかし、同時にいつになったらお金が得られるのかということが気にかかり、焦りを感じてもいます。

エイブラハムは時間とはどういうものかについての一連の説明をした後、次のような興味深い2つの発言をしました。

あなたは、宇宙からの宝物が目の前に届くのを忍耐強く待っていられると言いましたが、私たちに言わせると、あなたにはそれをコントロールする力があります。なぜなら、あなた人生のどれだけ飛び込むかはあなた次第で、どれだけコントラストの経験をするかもあなた次第だからです。

自分から行動すればより多くを生み出せるのです。

端的に「行動せよ」ということですね。引き寄せの法則では、自発的行動については提唱者によって考え方がまちまち。エイブラハムとの対話(SB creative)を読む限りでは、エイブラハムは行動することに消極的であったかと思ったのですが、この女性とのやりとりでは違う答えを提案しているようですね。

対人関係にトラブルを抱える男性

  • 仕事でも人間関係でも、先が見えず結果がわからなくなると『だめだ。うまくいかない』と考えてしまう。その状態に留まるほうが楽だと思う。ポジティブな気持ちになろうとしてはいるが、もし結果が伴わないのならポジティブな気持ちになるのが無駄に思えてしまう。

過去の数多くの失敗経験から望みが叶わないのではないか、という不安を持っている点をエイブラハムはまず指摘します。そしてそんなときに有効な方法として、現実と感情の旅路で起きていることを切り離し、自分の感情をなだめることをすすめています。

具体的にエイブラハムがすすめたのは「~だったらいいな」というゲームをやってみることでした。

驚きと興奮に満ちた人間関係を築ければいいな。

これを最高の関係だと確信でき、相手もそれを確信できる場所に早送りでいければいいな。

これは断定表現を避けたアファメーションですね。

現在形や過去形で宣言するの比べると、真に迫った感じがなくやや弱いものですが、実現することが信じられないときや、将来への不安を消すことができないときには有効な方法です。

エイブラハムがこれを「ゲーム」と呼んだのは「ゲームなんだから深刻にもならなくていい」という意図ではないでしょうか。この男性の場合は、生真面目に取り組めるほど信じられないかもしれませんから、ゲームでもやる気楽さでアファメーションすればいいよ、ということかと思います。

引き寄せの法則に疑問を持つ男性

  • 引き寄せの法則は証明が不可能では?

男性は引き寄せの法則を科学的に証明するのが不可能なのではないか、という問いから始めます。この法則が有効でないと証明したいと言えば、その人の波動が研究に影響を与える、だから証明不可能ではないかという問いです。

何かを証明しようとするなら、引き寄せの法則という考え方が、それを取り込んでしまいます。

エイブラハムはひとまず正面からの回答せず「望みの結果が出たのですから、それこそ引き寄せの法則です」というジョークを返して会場を沸かせます。

科学では、研究する者の意図や期待が実験結果に影響を与えることはよく知られています。心理学では「実験者効果」として、自然科学の分野では「観測者効果」として、また少し観点が異なりますが観測自体が影響を与える「観測問題」なども知られています。

たしかに引き寄せの法則自体を証明することは困難であるように思えます。ここで面白いのはエイブラハム自身は科学的法則であることと整合性をつけるような意図は全然ないということころです。まして科学の権威を援用しようとはしません。あくまで、法則自身に則って話しているからブレないんですよね。

男性の一連の質問の真意としては、チャネラーを通してこの事実を語るのではなく、それ以外の手段で(たとえば科学によって)引き寄せについて話し伝える方法を見つけたいというものでした。

そこでエイブラハム次のように言って、話を締めくくりました。

強く熱望することはすぐに起き、悲観的なことは感情が改善するまで実現しない。これは記録も定義もでき、学習でき、説明もできること。自分にそのことを教えれば、人に教える方法もわかるだろう。

至言ですね。実践すれば結果を得ることはでき、そのプロセスも明確にすることはできます。

スポンサーリンク

DVD版エイブラハムの対話のまとめ

エイブラハムは質問や悩みを最後まで聞かずに先回りして相談者の疑問に回答する場面も多々あり、回答せずジョークで済ませてしまうこともあって、発言の意味をくみ取りやすいわけではありません。しかしその回答は話の流れや相手の気質に応じた軽妙なものですから、見ていてちょっと感動してしまいます。

誰しも悩みを抱えているもの。ここまでご紹介した中には自分の悩みや願いに近いものがあったかもしれません。そういう話を聴き、エイブラハムがどのように回答するのかに注目すれば、自分の問題が解消でき、実現を引き寄せるきっかけを得られるかもしれませんね。

自分の感情に根差し、願望だけに集中すること。これは本当に、一つの意義深い思想であり、かつ人生を生きる上で最良の方針ではないでしょうか。

誰かに振り回されたり、自分の感情に振り回されたりすることが多いものですが、そんな人ほど自分の人生をコントロールするための最初の気づきを得ています。辛い思いをしてきた人こそ、最も幸福になるべきです

エイブラハムの考え方とやり方には願いを叶えるためのエッセンスが詰まっています。引き寄せの法則の考え方をたっぷりチェックして、幸せな毎日をクリエイトしていきましょう!

本もどうぞ!

参考文献・URL

エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス(2011)『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 富と健康、成功を引き寄せ幸せになる究極の方法』アウルズ・エージェンシー

スポンサーリンク