【徹底比較】初心者向け!オススメの引き寄せの法則の本のランキング5選!

2019年9月3日

オススメ 本 ランキング

思えば叶う、イメージするだけで願いが叶う――それが引き寄せの法則

2006年以来世界中でブームになって日本でも注目を浴び、同時にたくさんの本が出版されましたが、いまだに関連する本が発売されるほどの人気ぶりです。

でもこの間に出版された本は無数にあって、初めて引き寄せの法則に触れたい人には何を選べばいいのかさっぱりわかりませんよね。

そこで今回は、引き寄せ・自己啓発に特化した当ブログが、初心者向けの引き寄せの法則の本を厳選!

引き寄せって何?信じていいの?怪しくない?……そう思っている方にこそ読みやすいものが実はあるんです。選び方のポイントを手短に解説しながら、絶対に読みたい5冊を紹介していきます!

スポンサーリンク

引き寄せの法則の本を選ぶポイント

引き寄せ本を選ぶなら、次の3つのポイントから選ぶことをオススメします!

本の世界観で選ぶ

神秘 世界観

引き寄せの本は単なるハウトゥー本ではなく、哲学や宗教のような世界観があります。スピリチュアルを受け入れられるか、そうでないかによって選ぶべき本が変わるので要注意です。

たとえば「思いが叶うのはなぜ?」という疑問に対して、引き寄せの法則では「似たものが引き合うから」「そのような宇宙の法則が存在するから」と説明しますが、もう少し合理的な考えが好きな人たちは「心の働きによって」「潜在意識の働きで」というふうに理解します。

提唱者が前提にしている世界観がどんなものなのかを意識しながら引き寄せの本を選ぶのはとても大切なポイントです。自分に合った好みの本を選んでいきましょう。

本が発売された時代で選ぶ

引き寄せ ニューソート

時代で選ぶのは重要なポイントです。古い時代のものは「人生で成功しよう」というものが多くて、最近のものは「幸福になろう」という傾向が強いのが特徴です。

引き寄せの法則(law of attraction)という言葉は19世紀末には存在していて、似たような考え方は昔からありました。というより、現代まで続いている自己啓発(ニューソート)の系譜に連なるのが、引き寄せの法則です。(関連:引き寄せの法則の歴史とは?

過去のものは男性提唱者が多く、フロンティアスピリッツに溢れた野心と成功を志すような傾向が多く見つかりますし、最近のものは女性提唱者が多く、優しく感情と幸福にフォーカスしたものが多数。どちらが自分の好みかを考えて選んでみましょう。

有名提唱者の本を選ぶ

有名提唱者 引き寄せ

選ぶのであれば必ず、知名度があって長年売れ続けている本を選びましょう

正直言って自己啓発関係の本は、似たような内容を薄めて再生産しているようなところがあるので、ベストセラー本ですら読むに値しないものはたくさんあります。

とくに初心者はベストセラーよりロングセラーが絶対にオススメ。引き寄せの本は本当にやまほどあるので、売れ続けているものが正義!くらいに考えてOKです。

スポンサーリンク

初心者向け!引き寄せの法則の本のオススメ人気ランキング5選

では、さっそく初心者にオススメしたい引き寄せ本5選をランキング形式でご紹介します!

5位 ザ・シークレット

引き寄せの法則の本の中でもっとも有名なのが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』(2006年著)。

普段の思考が自分の現実をつくっていること、似たものが引き合うことを提唱。お願いし、手に入ることを信じるなら、望んだ結果を受け取ることができる、と法則をシンプルにまとめているのが魅力。

本の構成がやや読みにくいこと・スピリチュアル色が強めなので人を選ぶところがありますが、代表的な本なので一度は読んでおきたい一冊です。迷ったら『ザ・シークレット』で決まりです!

内容をざっくり知りたい方は以下で紹介しています。

ザ・シークレットの内容を詳しく解説!

ザ・シークレットの内容を簡単に要約!

4位 眠りながら成功する

日本人に大人気だったジョセフ・マーフィーの代表著作『眠りながら成功する』(1968年著)。

潜在意識を通して願望が実現することを説明してくれるのですが、この本は金字塔と言ってもいい本当に素晴らしい一冊です。

心に関して的を射た表現、わかりやすい説明、事例をふんだんに取り扱いながら、具体的に願いを叶える方法をとにかくたくさん紹介してくれています。

この分野に馴染みのない人には情報量が多すぎるので4位にランクインしましたが、いつか必ず読んでいただきたいと全力でプッシュしておきます!

内容をざっくり知りたい方は以下で紹介しています。

眠りながら成功するの内容を詳しく解説!

眠りながら成功するの内容を簡単に要約!

3位 もう君はそこにいる!


もう君はそこにいる!』は1944年にネヴィル・ゴダードによって書かれた引き寄せ本です。

想像して願いが叶った気分になれば、潜在意識の働きを通じてそれが現実になることを簡単な言葉で書いてくれた良書中の良書!

キリスト教的な世界観が濃いめですが、願望実現法の本質をほんとうに手短にわかりやすく書いてくれていますので、読書が苦手な人にもオススメできます!引き寄せ好きなら絶対に外せない一冊ですね。

内容をざっくり知りたい方は以下で紹介しています。

もう君はそこにいる!の内容を詳しく解説!

もう君はそこにいる!の内容を簡単に要約!

2位 サラとソロモン

ザ・シークレットの重要なルーツであるエイブラハム(ヒックス夫妻)が書いた、物語風の引き寄せ本がこちら!

毎日うんざりするような日々を送る少女・サラが、森にすむ巨大フクロウ・ソロモンに出会って新しい人生を歩み始める、心温まる物語。

引き寄せの法則の本質的な考え方が物語の中に表現されていて、誰でも読みやすいのでオススメです!自分をサラと重ねながら、フクロウのソロモンの言葉に耳を傾けていけば、新しい生き方を見つけられるに違いありません!

読みやすい童話調の物語なので、ぜひ手に取ってみてください。

内容をざっくり知りたい方は以下で紹介しています。

サラとソロモンの内容を詳しく紹介!

1位 こうして思考は現実になる

米国の女性ライター、パム・グラウトが書いた本書『こうして思考は現実になる』(2014年)。

科学・ニューソート・スピリチュアル・引き寄せの法則など数多くの知識を吸収しながら読者を巧みに説得しつつも、とにかく面白くて笑える文章で引き込みんでくれる、魅力あふれる引き寄せ本です。

引き寄せの法則をすぐには受け入れられない懐疑的な私たちのために、実証的な手続きを組み込んだ「9つの楽しい実験」が紹介されていて、引き寄せの世界を体験するのにベストな一冊!ぜひ読んでみてください!

内容をざっくり知りたい方は以下で紹介しています。

こうして思考は現実になるの内容を詳しく紹介!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は引き寄せの法則の本の中でも、初心者にオススメの5冊を紹介しました。

素晴らしい人生を生きていくために、自分を中心に捉えて、思考や感情をコントロールすることを通じて人生を創造するという方法は多くの成功者たちが認めてきたもっとも重要なモノ。

引き寄せの法則は、優しくていねいにわかりやすくそれを解き明かしつつ、みなさんの人生をすばらしいほうへ導いてくれるに違いありません!

ぜひ引き寄せの法則の本を読んで、望む人生を創造していきましょう!

関連記事!

スポンサーリンク