【引き寄せの法則の本】お金の引き寄せをテーマにした良書ランキング5選!【オススメ!】

2020年6月14日

お金 引き寄せの法則の本

思えば叶う、だからお金を引き寄せてみよう!

引き寄せの法則では思うだけで何でも願いを叶えられるといいますが、こんなことをすぐに信じられるでしょうか?

たしかに私たちの思い(思考や感情)は人生や出来事に大きな影響を与えていて、思いのコントロールをすれば結果としてお金や豊かさにアクセスできることに繋がるのも広く知られた事実。

でも、このスピリチュアルに語られがちな引き寄せの法則を活用してお金を手に入れるためにはどんな本を読めばいいかわからない……そんな悩みもあるかもしれませんね。そこで今回の記事では、

  • お金の引き寄せ本の選び方
  • お金の引き寄せ本オススメ5選

の2つの内容を詳しくご紹介していきます!引き寄せが好きな方、豊かさを求めたい方必見です!

瞑想 実践 オルメ
『ココロをつくるブログ』をご覧いただきありがとうございます。 当ブログでは引き寄せの法則に関して堅実で信頼できる情報を提供していきたいと考えていますので、関心のある方はぜひご活用ください。

スポンサーリンク

お金の引き寄せ本を選ぶ2つのポイント!

引き寄せはかつての大ブームのせいで似たり寄ったりの引き寄せ本が無数に販売されています。本当に価値あるお金の引き寄せ本を見分ける選び方はあるのでしょうか?

今回はランキングに入る前に、本の選び方を2つご紹介してみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

海外のロングセラー本を選ぼう!

眠りながら巨富を得る

まずは海外のロングセラーの引き寄せ本を選ぶことをオススメします。

そもそも引き寄せの法則は19世紀のアメリカで生まれた「ニューソート」という思想に端を発し、20世紀末にヒックス夫妻(エイブラハム)がまとめ、21世紀に入ってからロンダ・バーンが世界中に広めたスピ系の自己啓発思想です。

そのため海外の(主に米国の)提唱者が造詣が深く、具体的・実践的・体系的にこの思想と方法を提供してくれるので、きちんと学ぶなら海外のロングセラー本がオススメです

“お金の引き寄せ"に特化した本でなくてもOK

引き寄せ ザ・シークレット

引き寄せの法則ではどの提唱者も基本的な原理原則を当てはめていくので、お金に特化した本でなくても十二分に実践を学べるからです。

また『ザ・シークレット』や『エイブラハムとの対話』のような有名な著作には「人間関係」「健康」「お金」のように、サブテーマがきちんと織り込まれていますから、お金を引き寄せるのに必要なポイントもきちんと書かれてあります。

 

お金の引き寄せ本を選んでいくときのポイントは以上2点でした。

スポンサーリンク

オススメのお金の引き寄せ本ランキング5選!

ではここからはオススメのお金の引き寄せ本をランキング形式で5選ご紹介していきます!

有名だけど見落としがちな名著たちがランキング入りしていますのでぜひチェックしてみてくださいね!

5位:エスター・ヒックス『お金と引き寄せの法則』


引き寄せの法則を体系的に説いたヒックス夫妻(エイブラハム)によるお金と引き寄せをメインテーマに扱った本書。

お金を手に入れようと必死になるのをやめ、思考や感情のコントロールを通して求めているものと調和し、よりリラックスして豊かさにたどり着くための法則を細かく教えてくれます。

転換のプロセス・「もしも」のゲーム・信念の架け橋"などのやり方を通して、思考のエッセンスを変化させてお金と豊かさを手に入れることを学べる良書!引き寄せの基本的な考え方を学びたい方にオススメです。

あなたは自分の経験を自分で引き寄せる。

肯定的な側面を探し、明るくていい気分になることを考える努力をすれば、ポジティブな引き寄せができて、望みはもっと早く実現する。

p.123

4位:ジョセフ・マーフィー『眠りながら巨富を得る』


元祖引き寄せのジョセフ・マーフィーによるお金と願望実現の関係を説いた名著・古典がこちら。

「眠りながら…」というのは意志の力に頼るのをやめ、リラックスした状態で願望は実現できることを説いているのがポイントです。ゆったりとした気分で潜在意識に委ねることで努力なしに思いを現実にすることができると強調。

優れたアファメーションやイメージングを通して、眠りながら豊かさにたどり着くための方法や実例もたくさん紹介されていますので必見ですよ。

あなたの潜在意識の中には、いかなる問題をも解くに足りる知恵と力が全部備わっているのです。

p.94

3位:本田健『お金のIQ お金のEQ』


経営者・作家の本田健さんの著書がこちら。唯一日本人でのランクインです。

“賢くて幸せな小金持ちになろう"というテーマで、お金を取り扱うための知能(IQ)と、幸せにお金と付き合っていくためのマインド(EQ)に分けて考える斬新な切り口の一冊です。

IQとEQのレベルの違いから「ケチな貧乏人タイプ」「お金に厳しい社長タイプ」「長屋のお母さんタイプ」「幸せな金持ちタイプ」の4つのタイプに分類するのも面白いですね。知識だけでなく、幸福や感謝のような感情面の大切さを学ぶことができるお金の本は貴重ですよ。

いま、多額のお金がなくても、今あるものに心から感謝できるかどうかが鍵です。現時点での豊かさに心から感謝できれば、もっと豊かな状況が引き寄せられてくるのです。

p.197

2位:ロンダ・バーン『ザ・シークレット』


引き寄せの法則の中で最も知られているのが本書『ザ・シークレット』。この宇宙には似たものが引き合う"引き寄せの法則"が存在し、思考や感情を通して、私たちの現実は創り出されていると説きます。

それを活用して願望実現するためには「願う」「信じる」「受け取る」の3つのプロセスを実践するだけ。それ以外にも私たちが陥りがちなマインド上の問題点を指摘し、実践する方法を数多く紹介してくれているので引き寄せ初心者にオススメの一冊!

貧しさから抜け出して豊かになるための心の在り方を学び、望み通りの人生を実現しましょう!

何でも欲しい物を見たら「私には余裕があり、それを買う力がある」と唱えて下さい。するとあなたの思考が貧しさから豊かさに転換され、お金に対して良い感情を持てるようになれます。

p.180

1位:ウォレス・ワトルズ『確実に金持ちになる「引き寄せの法則」』


100年以上前に書かれたニューソート(≒引き寄せの法則)の中でも特に優れているのがこのワトルズの著書。豊かになることは私たちの当然の権利で人生を謳歌するための前提であり、お金に対する誤った信念を変えることの大切さも説いています。

「形のない物質」を世界観にしたスピリチュアルな一面もありますが、ビジネスで成功するには競争より創造が重要だと主張する先進性や、堅実に願望実現するためのイメージングなどの方法や行動の重要性も併せて説くバランスの取れた思想が魅力です。

邦訳版のチープなタイトルが玉に瑕ですが、簡単な文章で読みやすく、中身の詰まった魅力ある一冊。ぜひワトルズの思想と方法に触れて、本当の豊かさを満喫しましょう!

豊かな人とは、人生を満喫し、欲しいと願うすべてを持っている人のことです。そうなるにはお金がなければなりません。…(中略)…人が肉体を謳歌し、知性を高め、精神を育んでいくためには、豊かでなければならないのです。

pp.14-16

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はお金の引き寄せの法則の本を5選で紹介しました。引き寄せの法則は「思考と感情のパターンを変えることから現実を変えていこう」というのが根っこの部分で、それを説明する世界観が提唱者によって異なります。

本質部分をきちんと理解できれば望む富と豊かさを手に入れることができるはずですから、ぜひお金の引き寄せ本の中から良書を見つけだして、素晴らしい人生を歩んでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク