【引き寄せの法則】お金を引き寄せられないのはあなたのマインドに問題があるから【出典あり】

2020年3月25日

お金 引き寄せの法則

「思い描くだけでお金が手に入ればいいのに」「お金を引き寄せよう!」

……そう思い立ってネットでお金と引き寄せの法則について調べてみたり、簡単な本を読んで実践してみたけど全然お金なんて引き寄せられてこない!と嘆いているそこのあなた!

実は上手く引き寄せができない原因はあなたの心(マインド)にあるんです。

引き寄せの法則の本質的な部分は本当にシンプルなのに、これを語らない人たちが多すぎてノイズのような情報ばかりがあふれています。

今回のこの記事では本当にお金を引き寄せることができるマインドセット(信念・金銭観)を得る方法を、根拠や出典を交えながら詳しくご紹介していきたいと思います!

瞑想 実践 オルメ
『ココロをつくるブログ』をご覧いただきありがとうございます。 当ブログでは引き寄せの法則に関する情報の出典を示すことに力を入れています。 できるかぎり信頼できる情報を提供したいと思いますので、ぜひ活用してくださいね。

 

スポンサーリンク

どれだけ願ってもお金を引き寄せられない……

お金 引き寄せ

お金の引き寄せに失敗する最大の原因を一つご紹介しましょう。

  • ~の期日までにお金が手に入りますように!
  • どうしても~のお金がほしい!

このようなマインドではお金を引き寄せることはできません。それはなぜでしょう?

それは「手に入れたい」「欲しい」と思っているときは「手に入れていない現状」「ほしいと思っているだけでまだ持っていない事実」を強調して意識してしまうから、不足と欠乏に意識の焦点が合っている状態だからです。

これについて、世界的に著名な引き寄せ提唱者たちがこの誤りを繰り返し強調してくれています。

人はよく「お金が欲しい」と言えば、それはポジティブな言葉のはずだと思う。だがお金について語りながら、不安や不快感を感じるとしたら、お金について語っているのではなく、「お金が足りないこと」について語っている。この違いはとても重要だ。

ヒックス夫妻『お金と引き寄せの法則』p.116

あなたはすでに持っていると信じなくてはなりません。それを受け取ったと信じなくてはなりません。そうすると「引き寄せの法則」が働き、全ての状況、人々、出来事を力強く動かして、あなたにそれを受け取らせてくれるのです。

ロンダ・バーン『ザ・シークレット』p.86

私たちがお金を必要としているのならすでに手に入れている状況を思い描き、その気分に浸り切り、すでに実現しているという実感をする必要があるのです。

スポンサーリンク

お金についての信念を変えよう!

引き寄せを実践する上での力点はつねに、マインドをどう取り扱うかの一点にかかっています。ですからお金に対する捉え方や考え方は致命的に重要なのです。

お金を根本的にどのような存在とみなしているのかという思考の背景・マインドセット・金銭観が適切でなければお金を手に入れるほうへ人生を推し進めることは難しいでしょう。

私たちはたいてい、漠然とした金銭観しか持ちあわせていないものですが、以下のような考えはみなさんにあてはまるでしょうか?

  • お金を稼ぐことはあさましいこと(悪いこと)だ
  • お金を稼ぐには一生懸命働かないといけない
  • お金さえあれば幸せになれる

今回は例としてこの3つをチェックしてみましょう。

お金を稼ぐことはあさましいことだ

お金持ち 引き寄せ

稼ぐことに対して気持ちの上での抵抗感があり、稼いでいる人に対して嫌悪感を感じてしまう考え方です。

お金を稼ぐことしか考えていない人たちはたいてい手段を選ばず、ときには人を騙してでも金を奪い、しかも欲望のために金を使ってしまうというイメージがあります。そういう人を身近に見聞きするとお金自体が汚れたものに思えてしまうかもしれません。

でもお金には本来、良いも悪いもありません。お金で大切な人の誕生日を祝えますし、ささやかな自分へのご褒美も買えますし、旅行でかけがえないのない体験をできるのもお金のおかげ。

お金に対して悪いイメージを持っていないか、悪いイメージを持つに至ったきっかけが何だったかを点検してみるのもいいでしょう。

オススメの考え方:お金によって自分や周囲の人を幸せにできるし、素晴らしい経験もできるし、社会貢献することもできる。

瞑想 実践 オルメ
本田健さんは"お金を稼ぐ"こと"スピリチュアル"をバランスよく提案して日本人に受け入れやすい考え方を提供してくれています。未読の方にはオススメ!

お金を稼ぐには一生懸命働かないといけない

労働 お金

お金を得るためには会社に勤めて懸命に働いて評価されなければならない、というやや古めかしい考え方です。

いまやお金の稼ぎ方は多様化して副業(複業)さえ注目されているわけですが、単純に言われたとおりに労働して得る収入よりも、クリエイティブに何かを作り出したり、資産を運用しているほうが効率的にお金を生み出すことができます。

ただがむしゃらに働いて労働収入を得る時代は終わり、これからはあれこれ愉しみながら豊かさを模索していく時代になったと言えますね。

オススメの考え方:稼ぎ方は多様で自由だ、楽しんでお金を稼いでいい。お金のために働くよりむしろお金を自分のために働かせよう。

瞑想 実践 オルメ
ロバートキヨサキの名著。「自分のためにお金を働かせる」とはどういうことかを学べます。一読をオススメします。

お金さえあれば幸せになれる

引き寄せの法則 お金

幸せが一体何なのかを吟味せずにお金=幸福だと捉える、危なっかしい考え方です。

お金と幸せを結び付けると、現状の幸せでない理由をお金のせいにしがち

お金は資源です。空気や水やあるいは食品などもそうですが、必要以上にあっても持て余しますよね。ですがお金はあらゆるものと交換可能であるため、欲望のまま何にでも交換できる魔法のアイテムのようなものだと考えてしまいます。

でも欲望から得られる満足は一時的なもので、幸福になることはできません。幸せとは外から与えられるものではなく、内面的な素養だからです。

一日の中で素晴らしかったことを見つけて、お金で得られた経験や商品の素晴らしさに注目して幸福感を感じていられるなら、結果的に豊かさ(お金)が引き寄せられてきます。

オススメの考え方:まず幸せになろう。そうすればお金もあとからついてくる。幸せになることがお金を引き寄せる秘訣だ。

 

以上、お金に対するマインドセット(信念・金銭観)について話しました。

より適切なマインドセットを獲得して、幸せに、豊かな人生を実現していきましょう!

お金を引き寄せる具体的な方法は?

お金 引き寄せの法則

お金に対する考え方を適切なものに変えることができたら、具体的に引き寄せる方法を学んでいきましょう。

アファメーション?

ヴィジュアライゼーション?

……それもいいですが、より優れた方法があることをご存知でしょうか。以下で紹介しました!

お金と引き寄せの法則のまとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、お金を引き寄せるにはただ「お金が欲しい!」という思いのままでは叶わないよということ、不適切なお金の信念(金銭観)を変えていこう、ということがテーマでした。

私自身は"稼ぐ稼ぐ"と言っている人たちがあまり好きではないタイプですが、その嫌悪感の正体をきちんと見直し、お金による恩恵を再確認していきたいなと考えています。

お金は必ずしも欲望の手段ではなく、豊かで自由に生きていくための大切な力。

充実した人生を送るには、必要なものを手に入れるためのお金が必要なのです。豊かになりたいと願うのは、もっといい人生を送る力が、あなたにあるということにほかなりません。

ウォレス・ワトルズ『確実に金持ちになる「引き寄せの法則」』p.43

今回はいくつかの書籍を引用しましたが、当ブログではそれぞれ書籍解説書籍要約の記事をたくさん用意していますので、ぜひ関心があればご自身で引き寄せを学んでみてくださいね。みなさんが素晴らしい豊かさを手に入れることを祈っています!

もしこの記事が「よかったよ」と思って下されば、SNSなどでシェアしてくださるとうれしいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

参考・引用文献(順不同)

エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス(2009)『お金と引き寄せの法則』(吉田利子訳)SBクリエイティブ

ロンダ・バーン(2007)『ザ・シークレット』(山川紘矢ほか) 角川書店.

ウォレス・ワトルズ(2008)『確実に金持ちになる 引き寄せの法則』(川島和正監訳) 三笠書房.

スポンサーリンク