【引き寄せの法則とお金】人生を豊かに!お金を手に入れるためのマインド論

2019年8月20日

引き寄せの法則 お金

お金がなくて生活が苦しい!
やりたいことのためにお金が必要!
なんとなくお金持ちになりたい!

お金について誰でも、望みを持っているものですよね。

お金や富を人生に引き寄せるために必要なこと。それは、心から欲しいと思うこと、心地よい気分で結果を思い描くこと、不要な感情を手放すこと、たったこの3つだけ。

思えば叶う”引き寄せの法則“。

お金や富を人生にもたらすための再現性の高い方法があるとすれば、それはいったいなんなのでしょうか?

今回は引き寄せの具体的な方法に触れ、引き寄せられない理由まで細かく解説し、みなさんの人生を豊かにする内容をたっぷりご紹介していきます!

スポンサーリンク

引き寄せの法則って何?(おさらい!)

引き寄せる 願い

思いは叶う、願えば叶う――自分の思いを現実にしてくれるのが引き寄せの法則です。

ロンダ・バーンエイブラハムエスター・ヒックス)などが提唱して有名になりました。特に『ザ・シークレット』は世界中で2000万部売り上げるという、驚異的な人気を誇る自己啓発書として、現在でも支持され続けています。

スピリチュアルな世界観で語られ"宇宙の法則"として掲げられるため誤解されることも多いのですが、150年以上の歴史を持ち、現代人の明るい考え方の底流にある思想としても貴重だと言えます。

>>引き寄せの法則って?意味をざっくり解説!

恋愛・人間関係・仕事・健康など人生のあらゆる願いを叶えるための方法として世界中に広まりましたが、お金に対する願いもまた例外ではありません。お金を引き寄せるための具体的な方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

お金を引き寄せる方法は?

お金 引き寄せ

細かい実践法を除けば、方法は2つに分類できます。言葉で行う「アファメーション」、イメージして行う「ビジュアライゼーションイメージング)」があります。

うまく扱えば魔法のように働きますが、決して魔法ではありません。どちらの方法も「自分の感情と思考のパターンをすっかり変えてしまうこと」が大切です。それはどういうことでしょう?

まずは自分がやりやすい・得意なほうを決め、以下の好きな方法を選んでください。

言葉でお金を引き寄せるアファメーション

アファメーション(affirmation)とは、断定・宣言を意味する言葉で、「わたしは半年後までに100万円貯蓄できます」「臨時で入ってきた20万円のお金で私は1週間海外旅行に行く」のようにはっきりと願望が実現するのを宣言することです。

ポイントは次の5つです。

  • 期限や金額などを具体的に決める
  • 眠る前やリラックスしているときに繰り返し言い続ける
  • すでに手に入れているという心地よい気分を感じる
  • お金を何に使うのかをはっきりさせる
  • 断定が難しければ表現を和らげる

この5つのポイントは主にロンダ・バーン、エイブラハム、ジョセフ・マーフィーなどが言及しています。

ただ漠然と"お金が欲しい"というような具体的でないものは避けましょう。いくらぐらい欲しくて、それを何に使うのかまで考えておくと気持ちは高まりやすくなります。期限を決めたほうがより真剣に取り組めるのでベターですね。

アファメーションのやり方とコツは以下を参考にしてください。
>>引き寄せの法則 アファメーションのやり方とコツ!

イメージでお金を引き寄せるビジュアライゼーション

ビジュアライゼーション(visualization)とは視覚化、イメージ化するということ。頭の中でイメージとして想像することですね。実際にお金を手に入れて、価値あることに使っている自分を想像していきます。

ポイントは次の5つです。

  • 期限や金額などを具体的に決める
  • 眠る前やリラックスしているときに繰り返しイメージする
  • すでに手に入れているという心地よい気分を感じる
  • お金を何に使うのかをはっきりさせる
  • 細部まで細かく想像して楽しむ

アファメーションのときとほぼ同じです。具体的に想像しましょう。この5つのポイントは主にロンダ・バーン、エイブラハム、ネヴィル・ゴダードなどが言及しています。

なぜ手に入ったか、どうやって手に入れるのかについては考えなくてかまいません。とにかくお金が手に入って、それを喜んでいる自分がいて、そのお金を本当に価値あることに使っていることに想像しましょう。

ビジュアライゼーション・イメージングの方法とコツは以下のまとめ記事で詳しく紹介しています。
>>ビジュアライゼーションの方法は?

お金を引き寄せられない?シンプルな理由

お金 不足

お金を引き寄せられない理由はたった1つだけ

お金を求めている気持ちの根底に、お金に関する不安・嫌悪・妬み・恐れなどのネガティブな感情があるから。望んでいることと同時に望まないことを強く意識している心の状態を"抵抗“とか"メンタルブロック“と呼ぶことがあります。

心は不思議なもので、同じ対象に対して、相反する感情や欲求を同時に抱くことができます。お金を求める気持ちが本物でも、無力感を感じたり、恐怖を感じたり、嫌悪をひそかに隠し持っていることに気づかないままだと、願いは叶わないのです。

自分は無能だから…

表面的には「お金が欲しい!」と口にしていても、「自分には無理だろうな、才能がないし」というあきらめの思いはお金を手に入れる妨げになります。日ごろからお金が欲しいという口癖の人がお金を持っていない理由は、本気で実現できると考えていないからです。

貧困が怖いから…

一生懸命お金を手に入れたときの想像をしていても、お金が欲しい理由が「貧困への恐怖」に根差しているのなら、手に入れることはできません。素晴らしい生活に手を伸ばそうとしながら、恐怖に後ろから引きずり戻されているような状態だからです。

お金は汚いものだから…

欲望のままにお金を使っている人を見たら、見苦しく感じてもそれは仕方ないことです。結果的にお金に対する嫌悪感を持っているかもしれません。またお金は悪いものだと子どものころから教育されきたのなら、その考え方を取り除く必要があります。

 

どれも一例ですが、お金=悪いもの・汚いもの という考えは早めに取り除くことで充実したマネーライフを送れるようになります。

ブロックを外す、抵抗を取り除く、抵抗を手放す、浄化するなどさまざまな言い方がされますが、どんな場合でもまずは自分のネガティブな感情に気づくことから始めましょう。

具体的にどうすればいいの?という内容を、最後に話しして終わりたいと思います。

お金を引き寄せるためのコツ:手放し

お金 手放し

引き寄せの法則について関心があるなら"手放し“の知識は必須です(必須です!)

いろんな人たちが適当なことを言っているので、ずいぶんうさんくさい印象になっていますが、手放し(解放)はれっきとした自己啓発法の1つであり、数十年前から数多くの提唱者がこの手放しについて言及してきました。

ザ・シークレット」に登場するヘイル・ドゥオスキンジョー・ビタリーはこの手放しの方法について詳しく、願いを叶えようとするよりも、願いを叶えまいとする潜在的な思い(思考と感情)を手放す方法をとにかく徹底的に教えてくれました。

彼らの優れた方法を、簡単に見ていくことにしましょう。

ドゥオスキンの『セドナ・メソッド』

私が知る限り、もっとも強力な手放し(解放)の方法です。不快な思いやネガティブな感情を感じた時に、自分に対して次の5つの質問を順に問いかけていく方法を取ります。

  • 「今、何を感じていますか?」
    「その感情を認めることはできますか?」
    「その感情を手放せますか?」」
    「手放しますか?」
    「いつ?」

お金が欲しいという思いとは裏腹に、ネガティブな思いや抵抗感をどこかに感じたら、それを捉えて、自問していきます。

やり方は単純ですが、慣れたら秒で手放せる、本当に強力な方法。詳しいやり方は以下で解説しています。
>>【これが最強】ネガティブ手放し!セドナメソッドのやり方を詳しく解説!

ビタリーの『クリアリング・メソッド』

ジョー・ビタリーは自著『ザ・キー』の中で、願望実現を邪魔するネガティブ感情を浄化する方法を10以上提案しました。

とくにビタリー氏が長年愛用している方法では、

  • 居心地の悪さ・不快さを認める
    その気持ちをまるごと感じる
    気持ちを描写する
    何を訴えたいのか尋ねる

という手順を踏みます。

詳しいやり方は以下で解説していますのでチェックしてみてください。

>>【書籍紹介】ネガティブを手放す!ジョー・ビタリーの『ザ・キー』をご紹介!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はお金を引き寄せるための方法をご紹介してきました。

お金は生活するために、よりよくするために不可欠なものですが、同時に目的ではなく、手段としての性質が強いのも事実。

お金を手に入れることで何をしたいのか?何ができるようになるのか?どうなれば素晴らしいのか?

そういう気分や感情に焦点が当たれば、スムーズに引き寄せがうまくいくでしょう。また、自分がひそかにお金に対して抱いているマイナス感情に気づいてそれを手放すことは願望実現の近道でもあります。ぜひ、手放しもチャレンジしてみてください。

なお、当ブログのトップページには、引き寄せの法則の定義・歴史・書籍紹介から、手放しの具体的な方法やスピリチュアルに関する情報まで、多数掲載していますので、ぜひトップページから関心のある情報をチェックしてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が良かったなと思ったら、SNSなどでぜひシェアしてくださいね。

スポンサーリンク